エターナル・ライフ・ミニストリーズは、以下の団体とは一切関係ありません。(→異端カルトへの聖書的対処 参照)

聖書のホームページ TR新約聖書 

福音派内部異端_カルビニズム13

一度救われたら、ずっと…」は偽りです!!
サタンのこの大うそが信者たちを地獄に送っている!!

地獄私のような"クリスチャンたち"がいた!!

ローリー・ディット



 2008年に地獄を体験したローリー・A・ディットは、こう証言しています。
ディット 「私は、一度救われたら、ずっと救われたままである』という教えは、地獄謀略であると思っています。
 私は、それは、まさに最大の偽りうそであると思います」
 彼女の天国体験・地獄体験の詳細は、『クリスチャンへの警告 第20集第三部をお読みください。


 私がお話ししようとしているのは、地獄に存在するについて、そして、私が地獄で見出した最大のうそについてです。
ディット

人生5173回分の借金

 マタイ18章に書かれていることをお話ししたいと思います。
 というのも、私が地獄にいた時、マタイ18章をはっきり理解できたからです。
 
 弟子たちがイエス様のもとに来て、尋ねました。

 「主よ、私の兄弟が私に対してを犯し、そして私が彼を赦してやるのは、何度でしょうか?
 七度まででしょうか?」(マタイ18・21)

 七度でも多い数です。
 すると主は彼に、七の七十倍までですと答えられました。
 それは、あなたの兄弟を赦さなければならず、赦し続けなければならないことを意味します。
 それは、非常に、非常に大変なことです。
 「どうやって、そんなことができるの?」ということになります。
 「どうやって赦し続けることができるの?」
 イエス様は弟子たちに次のたとえを語られました。
 このたとえの中に、神の国についての真理が見出されます
 
 いつくしみ深いがいます。
 王は、王に借金のあるしもべを呼び出しました。
 その借金は、私が調べたところ、人生の5173回分です。
 一回の人生を70年とした場合です。
 そのしもべは、どうやってそのような請求分のお金を得るのでしょう?
 王は、「私への借金全部返しなさい」と言いました。
 そのしもべは王にこう言いました。
 「主よ、私にご辛抱ください。
 そうすれば、私は借金を全部あなたにご返済します」
 すると、王は彼にこう言いました。
 「あなたの借金免除されました
 すばらしいことです!
 この王はとても裕福であるにちがいありません。
 彼はさっと免除することができたのです。
 人生5173回分借金、です。
ディット


邪悪なしもべよ』

 ところが、そのしもべは出て行き、彼のしもべ仲間を見つけました。
 その人は、彼から少額の借金をしていた人でした。
 その借金は、三日分の賃金でした。
 そして彼は、こう言いました。
 「おまえが借りているものを、私に返せ」
 このしもべ仲間はこう言いました。
 「私にご辛抱ください」
 これは、彼が王に言ったことばと同じことばです。
 「私にご辛抱ください。
 そうすれば、私は全部をあなたにご返済します」
 ところが、なんと彼はそのしもべ仲間をに投げ込みました。
 王はこのことを知ると、そのしもべを呼び戻し、彼を『邪悪なしもべよ』と呼びました。
 「私はあの借金全部おまえに免除してやったではないか?
 それなのに、おまえは少額の借金を、おまえのしもべ仲間に免除できなかったのか?」
 それから、この王は彼にこのように言いました。
 「あの借金全部持って来て、私に返しなさい」
 人生5173回分借金をです。
 それからイエス様はこう言われます。
 「ローリー、もし、あなたがあなたの兄弟を心から赦さなければ、天上の私の父も、あなたにそのようになさることになります」
 おわかりのように、あの王がその借金免除してあげた時、それは彼には返すことのできない借金でした。


それこそ、まさに私がしてきたことだった!

 王がそれを免除してあげた時、王は実質的にその借金を無しにしてあげるとともに、彼にあるもの与えたのです。
 王がこのしもべに与えたものは、この王のようなでした。
 それは小さなスタートでした。
 このしもべは出て行き、彼の最初のテストを受けたのです。
 あなたは、この王のような人になろうとしているでしょうか?
 けれども、このしもべは、その王のを受け取ってそれを成長させようとはせず、この王のような人になろうとはせず、その借金を無しにしてもらっただけでした。
 まるで、彼はその王の生き方をばかにしているかのようでした
 私は地獄でこのことがとてもよく理解できたのです。
 私は、それこそ、まさに私がしてきたことだったと理解できたのです。
 私がしてきたのは、イエス様ばかにすることだったのです。
 イエス様は、この地上で私のこの借金を全部免除して(赦して)くださいました。
 そして彼は私に、彼のようなこの小さなを与えようとされたのです。
 けれども、私はそれを受け取ろうとしなかったのです
 私は人を赦そうとせず、赦そうとせず、赦そうとしませんでした
 そしてついに最後は、私は地獄に行き着いたのです。
 永遠に、です。
 赦さない思いのために、です。
 これは、非常に、非常に深刻なことでした。
ディット ディット
(クリックで拡大)


地獄独房の中

 私は地獄で、涙のしずくの形(眼鏡のレンズなど)をした独房の中にいました。
 そこには、そういうたくさんのが積み上げられていました。
 その独房の部屋に入り込んだ最初の罪は、「あなたは親切ではない」というものでした。

ローリー、あなたは親切ではありません

 そして地獄のその独房に、この罪が積み重ねられていたのです。
 罪が一つ一つ取り扱われましたが、その最初は、人々が私にしたことについての罪でした。
 もし私が自分にされてきたことを赦していたなら、私は地獄には行かなかったはずです。
 それから、その部屋、この独房は、私の不親切なあらゆる行いで満ちました。
 私が行ってきた、となる不親切な行いです。
 自分が不親切なことをしたとは知らなかった行いと、私が知っていて行った不親切な行いです。
 神が見ておられることを、あなたはご存知だったでしょうか?
 神は、私が今何をしているかを見ておられ、あなたが今何をしているかを見ておられます。
 神が私を赦してくださった時、彼があなたを赦してくださった時、彼はあなたのの状態を知っておられます。
 神はあなたに、神に似た者となるはずのこの小さなをお与えになったのです。
 そして、このたとえ話の終わりに、イエス様はこう言われました。

「もし、あなたがたがそれぞれ自分の兄弟に、彼らのあやまちを心から赦さなければ、天上の私の父も、あなたがたにこのようになさることになります」

 私たちは今すぐにでもパニックになるべきです。
 あれほどの借金を、あなたは想像できるでしょうか?
 神が私を救ってくださった時、それまでの私の罪が思い起こされることは、もはやなくなりました。
 ところが私が地獄にたどり着いた時、私の罪がそこにありました。


地獄で私に言い渡された三つのこと

 私に言い渡された第一のことは、「あなたは親切ではない」というものでした。
 私に言い渡された第二のことは、「あなたは柔和ではない」というものでした。
 そして私に言い渡された第三のことで、私はとても、とても心が痛みました。

 私が最も心を痛めたのは、忍耐(辛抱)についての罪が示された時でした。
 私が天国にいた時、イエス様は私に対してとても忍耐強くあられました。
 私が初めて天国に案内された時、私が初めてイエス様とお会いした時、彼はとても忍耐強くあられました。
 彼はとても親切でした。
 彼はとても柔和でした。
ディット

 地獄には、私が行ってきた数々のが存在しました。
 それらは、それら三つのカテゴリーの中に数えられていました。
 そのことを説明させていただきます。


良い母親

 私は若い母親だったころ、『良い母親』になりたいと思っていました。
 それで私は、私の娘たちが身ぎれいにしていることを願っていました。
 娘たちは毎日お風呂に入らなければなりませんでした
 毎日です。
 そして、彼女たちは毎日髪の毛を洗わなければなりませんでした
 髪がとてもフレッシュに見えるようにするためにです。
 娘たちは、バスタブの中に入る時、泣いていました
 なぜなら、彼女たちは、きっと私が彼女たちの目の中にシャンプーを入れることになると思っていたからです。
 初めは、私は赤ちゃん用のシャンプーを買いました。
 それは目に入っても、目を痛めることはありません。
 けれども、私が彼女たちの髪を洗うと、なぜかシャンプーが彼女たちの目に入ったようでした。
 というのも、彼女たちがじっと座ってはいなかったからです。
 その後、彼女たちが自分の髪にシャンプーを付け、私が彼女たちをお湯の中で座らせるようになりました。
 さて、次は格闘でした。
 私は彼女たちの髪から、お湯でシャンプーを洗い流そうとしました。
 すると、泣いたり、何やかやでした。
 でも、私は娘たちの見栄えを良くしたのです。
 けれども、神は三度、それをとして数に入れられました。

あなたは親切ではありませんでした。
 あなたは柔和ではありませんでした。
 あなたは忍耐強くありませんでした

ディット


 さらに別の罪は、こういうものでした。

あなたは、あなたの子どもたちに、『だれも自分に耳を傾けてくれる人はいない、自分は自分の母親にとって重要ではない』と感じさせるようにしました

 ああ、神様!


『車の座席』

 車の座席についてもです。
 私は娘たちを車の座席に座らせようとしました。
 彼女たちは車の座席が好きではありませんでした。
 彼女たちは私とけんかしました。
 彼女たちはそこに固定されたくありませんでした。
 私たちは家族と会うために、長い距離を10時間から12時間かけてドライブします。
 ですから、彼女たちは、一度そこに固定されたら、長い時間そこにいることになることを知っていました。
 彼女たちは泣き出して、けんかや、何やかやをし始めました。
 それで私は彼女たちを乱暴に扱わなければなりませんでした
 車の中で彼女たちをつかまえ、乱暴に扱い、バックル(締め金)で留めたのです。
 見てください、私は何とすごいママなのでしょう。
 しかし、それは四つのに数えられました。

あなたは親切ではありませんでした。
 あなたは忍耐強くありませんでした。
 あなたは柔和ではありませんでした。
 さらに、あなたは、あなたの子どもたちの心に恐怖を入れました。
 なぜなら、彼女たちがどんなに取り乱していても、あなたは聞こうとしなかったからです

 神様、私をあわれんでください!
 もし私が赦してさえいたなら! 私が赦してさえいたなら! 私を傷付けた人々をです!
 私が赦してさえいたなら!
ディット

 それは、私ができないことではありませんでした。
 それは、私がそうしようとしなかったことでした。
 そして、そういうが積み重なり続けて行きました。
 次々と、です。


地獄ふさわしい人々

  私は地獄にいた時、憎しみを抱いていました。
 私が憎んでいたと、どうして私は知っているのでしょうか?
 私は本当に憎んでいたのです。
 私は人々の悲鳴を聞くのもいやでした
 私は人々がそこにいるのもいやでした
 私は憎しみで私自身を満たしたのです。
 私は地獄でどうやって私自身を憎しみで満たすことができたのでしょうか?
 なぜなら、私が地上でそれを持っていたからです。
 私はこのことを誇っているわけではありません。
 けれども、私は救われる前の若かったころ、離婚がよいことだとは信じてはいませんでした。
 ところが私の結婚生活は崩壊しかかっていました。
 それで、結婚生活に対して出した私の答えは、マイクに必要なのは、ただ死ぬことよでした。
ディット

 他人が死ぬことを願うとは、私はどういう種類の人間なのでしょうか?
 それは、殺意の心と呼ばれるものです。
 人がそういうものを自分の心で許すこと、すなわち、だれかが死ぬことを自分の心の中で願うことです。
 神はだれも死ぬことを願ってはおられません。
 あなたがそういうものを自分の心で許す時、あなたは憎しみを許すのです。
 あなたの生活の中に憎しみを許すのです。
 私も憎しみで満たしたのです。
 私は正しい状態にはいませんでした。
 ちょうどイエス様が言われた通りです。
 「もしあなたがあなたの兄弟を心から赦さなければ、同じそのことがあなたに起こります
 私は石のように心がとてもかたくなでした。
 私は地獄ふさわしい者でした。
 地獄にいる人はだれもみな地獄ふさわしいのです。
 それは、神が彼らをそこに行かせたいと思っておられるからではありません。
 彼はそう思ってはおられません。
 人々が耳を傾けて聞こうとしないからなのです。


サタン(えさ)でだまされる『クリスチャンたち』

 私はみなさんに、サタンがついてきた最大のうそについてお話ししたいと思います。
 彼が大ぜいの人々を地獄に連れて行くためにです。
 とても大ぜいの人々をです。
 私は地獄にいた時、『クリスチャンたち』がいる場所にも行きました。
 地獄には、ちょうど私のような"クリスチャン"の人々がいました!!

ディット
(クリックで拡大)

 私はイエス・キリストを信じています。
 私が神様を愛していなかった、ということではないのです。
 私は彼に従っていなかった、ということなのです。
 そうではないでしょうか?
 ですから、もしあなたが神を愛していないなら、あなたは本当に神に従ってはいないのです。
 さらに、私は神に依り頼んでいなかったのです。
 なぜなら、彼に依り頼んでいたなら、彼に従うことができたはずだからです。
 それはプライドでした。
 私は、それを異なる仕方で行おうと考えていました。
 私は神より自分のほうがよく知っていると思っていたのです。
 どうしてそうなったのでしょうか?

 その始まりは、ある歪められた真理からでした。

 サタンが人々に差し出す(えさ)は、こういうものです。
 「神は、とても、とても、とても、とても、とても、とても、すばらしいお方です
 これは真実のことではないでしょうか?
 私たちは神のいつくしみについてのさまざまな歌を歌うことができます。
 そして、そういうものも、すべて真実です。
 ところが、「神がとてもすばらしいお方であるなら、一度救われた人を彼は決して地獄に行かせないだろう」と主張するのです。
 はぁ? この教えには、歪曲(わいきょく)が存在するのです。
 「一度救われた人がその後どんなことをしようと、神がその人を地獄に行かせることなど、ない」という主張です。
 真理が変えられているのです。
 それは、「人は自分のせいで地獄に行く」という教えではないのです。
 それは、「(一度救われた人を)神は決して地獄に行かせはしない」という教えなのです。
 そして確かに、神がだれかを正当な理由なしに地獄に行かせたことは一度もありません。
 彼はご自分の御子を送られたのです。
 イエス・キリスト代価を払ってくださったのです。
 彼は私を買い戻すために、ご自分のすべてのを流してくださったのです。
 決して神は私を正当な理由なしに地獄に行かせたのではありません。
 ですから、この教えはまさに、サタンが人を捕らえてこの地獄に連れて行く通路なのです
 どうか私の話すことを最後まで聞いてください。
 私がこのことを人々にこれまでも話してきましたが、人々はすぐに耳を閉ざしました。


サタントリック…『一度救われたら、ずっと救われたまま』

 サタンが持っているこのトリックには、名前があります。
 それは、一度救われたら、ずっと救われたままである』("Once Saved, Always Saved")というものです。
 一度救われたら、ずっと救われたままである』の意味は、こうです。
 あなたが救われたその日、神はあなたの過去のすべての罪を赦してくださいました。
 それは真実です。
 私が救われた日、神は私の過去のすべての罪を赦してくださいました。
 ところが、一度救われたら、ずっと救われたままである』の教えは、「だから、あなたが今日犯しているすべての罪も、また、あなたが今後犯すことになるすべての罪も赦されたのだ」と主張するのです。
 それが何を意味するか、おわかりでしょうか?
 それは、「私はもうについて思いわずらう必要はない」ということを意味します。
 それは、「私はもう従う必要はない」ことを意味します。
 その現実と事実がどういうものかをみなさんにお話しさせてください。
 その事実とは、私が救われた日に、私がこれまで犯してきたどんな罪からも私は救われたということです。
 そこまでは私たちは同意します、100パーセント同意します。
 それは真実です。
 私は、もし私が悔い改めるなら、神は私の罪から私を赦してくださると理解しています。
 ただし、罪に関しては、一つの問題点があります。
 神はいつでもそれを問題視されます。
 地獄は罪ゆえに創られたのです。
 サタンは罪ゆえに地獄にいます。
 そして、みなさんに考えていただきたいことがあります。
 サタンは神にちょっかいを出しています。
 神は地獄をお造りになり、サタンをそこに置いておられます。
 アダムは罪を犯しましたが、神はあるご計画をお立てになりました。
 神はご自分の御子イエス様をお送りになりました。
 ただし、神のこのいつくしみを受けるためには、救われた後の罪については、人はそれを悔い改めなければならないのです。
 ですから、この一度救われたら、ずっと救われたままである』の教えは、完全なうそ偽りなのです
 すなわち、「そういうすべての罪、私が将来犯すことになるすべての罪についても、私はもう思いわずらう必要はない」といううそです。
 「思いわずらうな、あなたは伴侶をだまして浮気してもいい
 「心配するな、あなたは少し盗んでもいい
 「思いわずらうな、あなたはうそをついてもいい
 「それは構わない
 そういうものは、うそ偽り)なのです
 私たちがだれにでも警告する必要があるのは、地獄この最大のうそについてです。
 その最大のうそとは、「思いわずらうな、一度救われたら、ずっと救われたままである。今地獄にいる人々は、一度も救われたことがない者たちなのだ」というものです。
 それはまさに、うそです。
 そして、地獄には、このうそを信じている大ぜいのクリスチャンたちがいたのです!
 そういう人々の一人にならないでください!
 聖書のみことばを調べてください。
 何が真実であるかを見出してください。
ディット



地獄苦しみ

 地獄にあるのは、あまりにも大きな苦しみです。
 だまされた人々が、あまりにも多くいます。
 彼らは地獄で目を開けた瞬間、本当にわかったのです。
 それからずっと、彼らはそのことを知ってきたのです。
 神が、あの滅んだすべての人々に責任を負わせられるのであれば、もちろん、地上のご自分の教会にいる人々にも責任を負わせられるようになります。
 聖書は、神の裁き神の家から始まると教えていないでしょうか?
 神は愛しておられます。
 神は愛しておられます。
 彼は道を備えてくださいました。
 憎しみを持っているのは、サタンです。
 サタンは、憎しみを持っている者であり、あなたを地獄に連れて行きたいと思っているのです。
 ルカ16:24〜28にこう書かれています。
 これはイエス様が話しておられることです。

「そして彼は呼びかけて言った。
   『父アブラハム、私をあわれんでください。そしてラザロを送ってください。彼が指の先を水に浸して私の舌を冷やすためです。
 私はこの炎の中で悩み苦しんでいますから』
 アブラハムは言った。
 『子よ、思い出しなさい。あなたは、あなたの生きていた間、あなたの善いものを受け取り、ラザロは同様に悪いものを受け取ったことを。
 しかし、今、この人は慰められており、あなたは悩み苦しんでいます
 さらに、これらすべてのことのほかに、私たちとあなたがたの間には、大きな裂け目が堅く据えられています。
 ここからあなたがたのところに渡りたいと思う人たちができないように、また、そちらから私たちのところに越えて来ることもないようにです』
 彼は言った。
 『では、彼を私の父の家に送ってくださるよう、父よ、あなたにお願いします。
 というのは、私には兄弟が五人いるからです。
 そうして彼が彼らにはっきり証言し、彼らまで拷問のこの場所に来ることのないためです』」


地獄憎しみ

 私が今みなさんにお話しするのは、私なりの考え方であることを確認しておきたいと思いますが、私は地獄にいた時、憎しみによって焼き尽くされたのです。
 そこにあったのは、まさにそれでした。
 私は、だれか他の人のことには関心がありませんでした。
 私は人々が地獄に来ることを望んではいませんでした。
 なぜなら、私は彼らの苦しみに自分もあずかりたくはなかったからです。
 私は、その人々みんなの罪まで、この地獄の一部となってほしくはなかったのです。
 私はこれ以上一人も地獄に来てほしくありませんでした。
 そして私がとても当惑したのは、私がそこにいた間に、地獄拡大するのを私が見ていたことでした。
 それは大きくなりつつありました。


自分の救いを失っていく大ぜいの人々

 非常に大ぜいの人々地獄に行くことになる日が来ようとしています。
 大ぜいの信者たち信仰から離れて行くようになることを、あなたは知っていたでしょうか?
 そのことが、まさに起ころうとしているのです。
 それと同時に、大ぜいの人々が救われる大収穫が生じようとしています。
 ただし、大ぜいの信者たち信仰から離れることも生じます。
 人が信仰から離れるためには、それまでは救われていた人でなければなりません。
 そういう人々が、キリストの体なる教会から出て行きつつあるのです。
 警鐘を鳴らしてください!
 教会に警告してください!
 神の裁きは神の家から始まります。
 私たちは助けを必要としているのです。
 私たちは大いなる助けを必要としているのです。
 私はみなさんを愛しています。
 私は人々を愛しています。
 私はこれからも彼らに真実を語っていきます。
 私は彼らに、イエス様が私に語られたことを語っていきます。
 私は彼らに、この聖書に書かれていることを語っていきます。
 なぜなら、人々が地獄に行こうとしているからです。
 あらゆる種類の人々が、です。
 人を地獄へと連れて行くのは、どういうでしょうか?
 そのリストは、たくさん、たくさん挙げることができます。
 あなたはうそをつきますか?
 あなたは人をだましますか?
 あなたは盗むことをしますか?
 あなたは何らかの性的不道徳から抜け出すことができずにいますか?
 あなたは婚前交渉をしていますか?
 あなたは同姓のパートナーと性的行為をしていますか?
 あなたは結婚していながら、あなたの伴侶を裏切って浮気をしていますか?
 そういうすべてのものは性的な罪と呼ばれるものです。
 そういう人は一人も天国に行くことはないことを、あなたは知っていますか?
 一人も、一人も、一人も天国に行きません!!


ディット



すべての人に警告してください、手遅れになる前に!!

 私はここで今みなさんを裁くつもりはありません。
 私は裁判官ではありません。
 私は今ここであなたに警告しているだけです。
 聖書は、こう教えています。
 「私たちは…伝えており、…すべての人を訓戒し…ているのです」(コロサイ1:28、29)

 行って、すべての人に警告してください!!
 行って、すべての女性に警告し、すべての子どもに警告してください、手遅れになる前に!!
 それは遠い先のことではありません。
 手遅れになるまで、長くあるわけではありません。
 いくつかのみことばをお読みします。
 私たちはこのことを知る必要があります。

「体を殺すが、たましいを殺すことのできない人たちを恐れてはいけません。
 むしろ、たましいも体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい(マタイ10・28)

「なぜなら、人の子(イエス様)は、いなくなっていたものを捜して救うために来たからです」(ルカ19・10)

罪を行っている者は、悪魔に属する者です。
 初めから悪魔は罪を犯しているからです。
 神の御子(イエス様)がお現れになったのは、悪魔のわざを打ち壊すため、そのためです」(第一ヨハネ3・8)

 まさにそのためにイエス様は来られたのです。
 イエス様は私たちを救うために来られたのです。
 私を救うために、あなたを救うために彼は来られたのです。
 あなたは自分が本当に救われていることを確かなこととする必要があります。
 あなたの救いを確かなものとしてください。
 あなたのは、このみことばに書かれていることを知ることに掛かっています。
 それを他人任せにしないでください。
ディット

 アーメン。



一度救われたら、ずっと…」は偽りです!!

それは、信者たちを地獄に送っているサタン大うそです!!


 この危険な教え十分注意するよう聖徒の皆様にします!

ページの上へ↑



異端カルトカルビニズム
次へ1. カルビニズムカルトである理由



カルビニストたちの証言
  1. 神様、この教理偽りです
  2. 私は異端教えだまされていた
  3. だから、それは異端教えなのです
  4. それは悪魔最大のうその一つです
  5. 永久保証』は悪霊どもの教えです
  6. 私は救われてもいなかった
  7. 聖書はこの教理一致していない!
  8. 私も罪を犯す機会として利用した
  9. 私は"うそ"を信じていた
  10. 私はそむき続けていた
  11. 極悪教理」からの解放
  12. 私は偽り教理退ける決心をした
  13. 私は地獄永遠の火から救われた!
  14. 自殺して地獄に行くところだった!


ページの上へ↑
……






の本
NEW
自分を聖く保つ方法
「あなたがたは…聖さを追い求めていなさい。
 聖さなしに主を見るようになる人は一人もいません(聖書)
聖くない人は、だれ一人天国に入ることはありません!
クリスチャンの思いと体を聖く保つ方法


クリスチャンへの警告 第18集 神の裁きによる実際例
クリスチャンへの警告 第18集
クリスチャンへの警告 第20集 教理・教師への神の裁き体験
クリスチャンへの警告 第20集


聖書シリーズ の本!
図解 日本語聖書の改ざん 図解 旧約聖書の改ざん 日本語聖書の改ざん箇所
シナイ写本とバチカン写本の偽造 シナイ写本の偽造 聖書の年代記述の驚異
創世記の真実 出エジプトの真実 ダニエルの七十週の預言

TR 新約聖書 の聖書!
TR読者
クリック
新約聖書
TR 新約聖書
TR読者の信仰
クリック
新約聖書 新約聖書 新約聖書
新約聖書 全三巻セット 新契約聖書セット 明治元訳新約聖書セット



ページの上へ↑
……


エターナル・ライフ・ミニストリーズは、以下の団体とは一切関係ありません。(→異端カルトへの聖書的対処 参照)




異端カルトカルビニズム
次へ1. カルビニズムカルトである理由




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter