聖書の歴史 E-1110 聖書の歴史 目次   

現代版聖書のルーツ4
オリゲネスの『改ざん聖書』とは

10まとめ2

まとめると…
 以上のことをまとめると、こうなります。

 バチカン写本シナイ写本は、ローマ皇帝コンスタンティヌスエウセビウスに用意させた、50冊聖書のうちの二つである。

 エウセビウスは、オリゲネス改ざん聖書』から50冊聖書を作った。

異端者オリゲネスの
改ざん聖書異端聖書)

オリゲネス聖書
エウセビウス50冊の聖書
バチカン写本・シナイ写本を含む)
バチカン写本シナイ写本

 すでに見た通り、「シナイ写本は、オリゲネスの『聖書』に由来」していました。(→『 シナイ写本に書き込まれている『オリゲネス』』の項を参照)
 こうして、シナイ写本についてだけでなく、バチカン写本についても、次の結論が導き出されます。
 バチカン写本シナイ写本は、オリゲネス改ざん聖書』から作られた。
 さて、現代版聖書ネストレ-アーラント版/UBS聖書本文を通じて聖書本文RVに由来しており、さらにそれはバチカン写本・シナイ写本に由来しています。
 したがって、上記の結論と合わせると、次の結論が導かれます。
 現代版聖書ルーツは、オリゲネス改ざん聖書』である。
 次の第五部では、これまでにわかったことがらを整理し、まとめてみることにしましょう。


次へE-12
聖書の歴史 目次  E11-123456789


ページの上へ↑
……

旧約聖書の真の本文…マソラ本文
七十人訳聖書…想像の産物
《『だまし物』の七十人訳聖書
七十人訳聖書の人為的加工矛盾
さらに深く学ぶためのリンク集
聖書のホームページ
聖書シリーズの本
聖書の歴史 目次
カ タ ロ グ一覧
エターナル・ライフ・ミニストリーズ

利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter