聖書の歴史 E-117 聖書の歴史 目次   

現代版聖書のルーツ4
オリゲネスの『改ざん聖書』とは

7エウセビウスとは?

エウセビウスとは?

 彼は、こういう人物でした。(詳細は→D-6参照)
 初代教会の歴史を記した「偉大な歴史家」とされているエウセビウスは、異端のアリウス派であり、アリウス友人でもありました。
 アリウスは、イエスは肉において来られた神ではないと信じていました。
 すなわち、イエスは一人の被造物にすぎないと信じていたのです。
 アリウスにとって、イエスは一人の人間以上の存在ではあっても、決して神ではなかったのです。
エウセビウスは、「オリゲネスこそ最も偉大な人物」と考えていました。
オリゲネスの弟子がパンフィルスであり、パンフィルスの弟子かつ友人がエウセビウスでした。
 エウセビウスはパンフィルスと共同で図書館を設立し、オリゲネスの著作物をそこに収めました。

エウセビウス
  • アリウス派
  • アリウスの友人
  • イエスは肉において来られた神ではない
    と信じていた
  • オリゲネスこそ最も偉大な人物」と考えた

 エウセビウスの思想・信念は、こうでした。
異端アリウス主義
イエスは肉において来られた神ではない
イエスは一人の被造物にすぎない


エウセビウスは、オリゲネスを崇敬したアリウス主義異端者であった。

 次に、この50冊の聖書とバチカン写本・シナイ写本の関係について、さらに見てみましょう。


次へE-118
聖書の歴史 目次  E11-123456789


ページの上へ↑
……

旧約聖書の真の本文…マソラ本文
七十人訳聖書…想像の産物
《『だまし物』の七十人訳聖書
七十人訳聖書の人為的加工矛盾
さらに深く学ぶためのリンク集
聖書のホームページ
聖書シリーズの本
聖書の歴史 目次
カ タ ロ グ一覧
エターナル・ライフ・ミニストリーズ

利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter