旧約聖書の歴史と改ざんF-4 聖書の歴史 目次 

《 七十人訳聖書の人為的加工矛盾

フロイド・N・ジョーンズ博士

『七十人訳聖書』に施されている人為的加算

 『七十人訳聖書』ヘブル語旧約聖書本文が、モーセ五書の中で相違する一つの重要なポイントは、ノアの大洪水以前の族長たちの子孫誕生に関わる年代に関してです。
 初めの10人の族長たちのうちの6人は、『七十人訳聖書』においては、ヘブル語旧約聖書におけるより、ぴったり100年遅く、父親となっているのです。(下図参照)
 『七十人訳聖書』の年数のほうが、ヘブル語聖書の本文にある年数より多いのです。
 この差異が重要な問題であることは、いくら強調しても強調し過ぎることはありません。
 なぜなら、旧約聖書の年代の計算においては、聖書に記録されている数字こそ、私たちの唯一の指針(ガイド)だからです。
 『七十人訳聖書』にある数々の差異が、偶然によるものではなく、何らかの意図によるものであることは、それらの改ざん組織的な仕方でなされていることから明らかです。

アルパクシャドに息子が生まれた時の年齢
マソラ本文…35歳(創世記11・12)  七十人訳聖書…135歳(マソラ本文に100加算
シェラフに息子が生まれた時の年齢
マソラ本文…30歳(創世記11・14)  七十人訳聖書…130歳(マソラ本文に100加算
エベルに息子が生まれた時の年齢
マソラ本文…34歳(創世記11・16)  七十人訳聖書…134歳(マソラ本文に100加算
ペレグに息子が生まれた時の年齢
マソラ本文…30歳(創世記11・18)  七十人訳聖書…130歳(マソラ本文に100加算
レウに息子が生まれた時の年齢
マソラ本文…32歳(創世記11・20)  七十人訳聖書…132歳(マソラ本文に100加算
セルグに息子が生まれた時の年齢
マソラ本文…30歳(創世記11・22)  七十人訳聖書…130歳(マソラ本文に100加算
ナホルに息子が生まれた時の年齢
マソラ本文…29歳(創世記11・24)  七十人訳聖書…79歳(マソラ本文に50加算
(参照:G.Gertoux著 "Noah and the Deluge,Chronological,Historical
and Archaeological Evidence",p.68 2015年)


大洪水後9人を生き延びさせている『七十人訳聖書』

 『七十人訳聖書』ヘブル語旧約聖書本文の、どちらの年代リストが正しいかを示すのは容易です。
 『七十人訳聖書』の大多数の写本は、メトゥセラが息子ラメクを生んだのは167歳の時としています。
 一方、ヘブル語旧約聖書は、187歳の時としています(創世記5・25)。
 ところが、『七十人訳聖書』に記録されている通りに、メトゥセラがラメクを生んだのが167歳の時で、ラメクがノアを生んだのが188歳の時で、ノアは大洪水の時に600歳であったとするなら、メトゥセラ大洪水の時955歳であったことになります。(167+188+600=955)
 メトゥセラは969歳(どちらの本文にも記されている年数)まで生きたゆえ、『七十人訳聖書』は、メトゥセラ大洪水の後もさらに14年間生き延びさせるという不条理に陥れているのです!

マソラ本文による年代
メトゥセラ…187年…ラメク…182年…ノア…600年…メトゥセラの死(969歳)と大洪水
七十人訳聖書による年代
メトゥセラ…167年…ラメク…188年…ノア…600年…大洪水14年メトゥセラの死(969歳)

 しかし、創世記7〜10章および第一ペテロ3・20は、ノアと彼の3人の息子たちと彼らの4人の妻たちだけ、すなわち、8人のたましいだけ大洪水を生き延びたと、はっきり述べています。

 「わずかな者たち、すなわち、八人のたましいが、その箱舟に入って、水を通って救われました」(第一ペテロ3・20


古代の『進化論的』哲学

 同様の不一致が、大洪水以後の族長たちに関しても見られます。
 『七十人訳聖書』の族長の年代は、その翻訳者たちが、ヘブル語聖書の場合よりもその年代を長くし、そして、大洪水の後で生きた人々の生涯の長さ段階的に変化させるという原則に基づいて説明することができます。
 そうして、生涯の長さが短くなったことを、『突然、急に』そうなったとする代わりに、『段階的かつ継続的に』そうなっていったとするためです。
 これは、『徐々に、画一的に変化していく』という彼らの哲学的概念にぴったり合っているのです。
 すなわち、『進化論』の土台となる規範を包含した哲学です。
 つまり、彼らは『古代の進化論者たち』だったのです。
 こうして、人間の生涯の長さが劇的に変化したこと(それは、世界的規模での大洪水による、地と全生命の上への突然の大変革の結果の現れでした)は、改ざんされて、彼らの宗教的・哲学的信念に反するそのような証拠は排除されたのです。
 『七十人訳聖書』の中に見られるこの図り事の立案者は、大洪水以後の族長たちから、アブラハムがハランを去る時までの年代を、720年も長くしています。
 また彼は、大洪水以前の族長たちや大洪水以後の族長たちの生涯の長さを、段階的に変化させています。
 その奇妙な結果として、エノク、エノシュ(彼の生涯年数は、父親の生涯年数より5年だけ多い)、レウ(彼が死んだ時の年齢は、彼の父親のそれと同じ)の三人は例外として、アダムからアブラハムまでのそれ以外のどの族長も自分の父親より数年若くして死んだようにされているのです。
 これほど人為的であることが明白なことがあるでしょうか?

"The Septuagint: A Critical Analysis"
(『七十人訳聖書:批評学的分析』 フロイド・ノレン・ジョーンズ博士)より抜粋



関連ページ: 《 旧約聖書の正典と保持フロイド・N・ジョーンズ博士
さらに深い理解のために(英語)
"The Septuagint: A Critical Analysis"
 (『七十人訳聖書:批評学的分析』 フロイド・ノレン・ジョーンズ博士著
What is the LXX?
 (『七十人訳聖書とは何か?』 サミュエル・C・ギップ博士
The Answer Book
 (サミュエル・C・ギップ博士の62の聖書Q&A)
What is the "Septuagint"?
(『七十人訳聖書とは何か?』 ディビッド・ダニエルズ
Did Jesus Use the Septuagint?
(『イエス様は七十人訳聖書を使われたか?』 ディビッド・ダニエルズ著

Bible versions information page



聖書の歴史 目次 F-1 2 3 4

ページの上へ↑
……

旧約聖書の真の本文…マソラ本文
七十人訳聖書…想像の産物
《『だまし物』の七十人訳聖書
七十人訳聖書の人為的加工矛盾
さらに深く学ぶためのリンク集
聖書のホームページ
聖書シリーズの本
聖書の歴史 目次
カ タ ロ グ一覧
エターナル・ライフ・ミニストリーズ





利用規約  Counter Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ