ビブリア・ヘブライカ日本語旧約聖書S4-5 聖書の歴史 目次 

異端要素で満ちた本文日本語旧約聖書


まとめ
ビブリア・ヘブライカ  ビブリア・ヘブライカの中身を、もう一度おさらいしてみましょう。
 その【諸資料】の中身はビブリア・ヘブライカ(1937年版)の見出しページに記されており、マソラ本文以外の資料は次の通りでした。
  • オリゲネスによるヘブル語本文
  • アキラ訳ギリシャ語旧約聖書
  • シマカス訳ギリシャ語旧約聖書
  • テオドシウス訳ギリシャ語旧約聖書
  • ラテン語ウルガタ本文
  • バチカン写本・シナイ写本
  • 七十人訳ギリシャ語本文
  • タルグム(アラム語訳などの翻訳文書)等…タルグム『偽ヨナタン』、サマリヤ五書、東洋の資料・西洋の資料…
  • 死海文書(1947年〜)
  • モルモン教(2009年〜)
オリゲネス聖書 バチカン写本シナイ写本



 この【諸資料】の中身をさらに調べてまとめると、こうなりました。

  • オリゲネス…聖書改ざん者異端者たちを受容した異端者

  • オリゲネス
  • アキラ…オリゲネスの『ヘクサプラ』にある。占星術降霊術ジュピター神と関わり、「聖書をゆがめる邪悪な者」
  • シマカス…オリゲネスの『ヘクサプラ』にある。異端エビオン派イエス・キリストの神性を否定
  • テオドシウス…オリゲネスの『ヘクサプラ』にある。聖書に外典を含める。異端グノーシス派
  • ラテン語ウルガタ本文 …オリゲネスの本文に由来。異端エビオン派の訳を用いた。
  • バチカン写本・シナイ写本…オリゲネスに由来。外典を含む。『改ざんされた聖書本文』
  • 七十人訳ギリシャ語本文…オリゲネスの『ヘクサプラ』にある。外典を含む。人為的加工矛盾がある。
  • サマリヤ五書…『七十人訳聖書』(オリゲネスの『ヘクサプラ』にある)に非常に近いもの
  • 東洋の資料・西洋の資料
  • 死海文書(1947年〜)…レビ族に属していない異端エッセネ派によるもの
  • モルモン教(2009年〜)



 この中身に含まれるおもなキーワードは、異端聖書改ざんオリゲネスです!
 こうして、マソラ本文以外のビブリア・ヘブライカの『諸資料』の中身は、
異端者・異教徒らの文書、西洋・東洋の諸文書、改ざん聖書本文等」であるとともに、 オリゲネスと関わる文書がひんぱんに見られることがわかります!
 ビブリア・ヘブライカの第一の源泉、第一のパートナーがオリゲネスであり、ビブリア・ヘブライカの中心に、オリゲネスがいるのです。
オリゲネス オリゲネス聖書

  • オリゲネス自身が、『異端者たちを受容した異端者であり、
  • 彼の作った『ヘクサプラ』も、異端の要素が満ちた『旧約聖書』でした。
 同様に、
  • ルドルフ・キッテルも、異端者たちを受容した異端者であり、
  • 彼の作った『ビブリア・ヘブライカ』も、異端の要素が満ち満ちた『旧約聖書本文』なのです!
 これほど多くの異端文書が一つに納められた文書が、他にあるでしょうか?
 驚くべきことに、これほど『異端』で満ち満ちたビブリア・ヘブライカが、神聖なものであるべき『旧約聖書本文』として使われてきたのです!

 ビブリア・ヘブライカ中身を図示すると、次の通りです。

ビブリア・ヘブライカ構成
(詳細は→ 旧約聖書の改ざん参照)



 オリゲネスキッテルの共通点
 オリゲネスとキッテルには共通点がいくつかあります。(オリゲネスとは?およびS4-1 参照)
  1. 二人とも、「新しく生まれ変わったクリスチャンではありませんでした。
    オリゲネスは、ギリシャ哲学の追従者でした。
    キッテルは、古代ギリシャの諸宗教を熱心に信じる者」でした!(『ユダヤ百科事典』 Encyclopaedia Judaica)
  2. 共通点
  3. 二人とも、イエス・キリストを信じていませんでした。
    • オリゲネスは、「イエスは一人の被造物にすぎない」と信じていました。
    • キッテルは、イエス・キリストの教えを否定しました。
  4. 二人とも、聖書を信じていませんでした。
    • オリゲネスは、聖書は、文字通りに解釈するものではない」と信じていました。
      イエス様の言われたことを正すことさえしました。
    • キッテルは、旧約聖書の霊感を否定し、新約聖書も旧約聖書も否定しました。
  5. 二人とも、異端者たちの著作を使って自分の著作を作り出しました。
    • オリゲネスは、異端者たちであるアキラ、シマカス、テオドシウスらの聖書を『ヘクサプラ』に取り込みました。
    • キッテルは、オリゲネス、アキラ、シマカス、テオドシウスを初め、「異端者・異教徒らの文書、西洋・東洋の諸文書、改ざん聖書本文等」を使って『ビブリア・ヘブライカ』を作り出しました。
  6. 二人とも、異端の教えを利用した異端者でした。
    • オリゲネスは、『異端者たちを受容した異端者』でした!
    • キッテルも、異端者たちを受容した異端者でした!
  7. 二人とも、自分の考え・推測神のことばを変えました。
    • オリゲネスは、マタイ13・38にある「種を蒔く人」のたとえの箇所で、イエス様が、「畑とは、この世です」と言っておられるのに、「畑とはイエスであった」と言いました。その後、彼は考えを変えて畑を「聖書のことだ」としました
    • キッテルは、「たぶん、こう変えて読むべし」「おそらく、こう付加すべし」「たぶん、削除すべし」…と「自分の推測」ヘブル語本文改ざんしました。
  8. 二人とも、聖書改ざん者でした。
    • オリゲネスは、どこでもギリシャ語の新約聖書を見つけると、それを自分の教理にぴったり合うように改ざんしました!
       彼は、自分はそれらの写本「修正」しているだけだと考えていました。
    • キッテルは、「異端者・異教徒らの文書、西洋・東洋の諸文書、改ざん聖書本文等」を使い、自分の推測も使った旧約聖書改ざん者でした。
キリスト不信者



ビブリア・ヘブライカ 編集者たち"拠り所"

 キッテルらドイツ人合理主義者たちは、ビブリア・ヘブライカを編纂する際、イエス・キリストの父なる神に祈りつつ、聖霊の導きを求めつつ、聖書本文を決定する作業を進めたでしょうか?
 イエス・キリストを受け入れず、聖書もそのまま信じない彼らがそうしたとは、全く考えられません。
オリゲネス  そうではなく、彼らはオリゲネスの教えや異端者・異教徒らの文書、西洋・東洋の諸文書、改ざん聖書本文等」を調べ、そして自分たちの推測を基に、その作業を進めたのです!
 キッテルらの相談相手は、聖霊ではなく、オリゲネスや異端者たちだったのです!

 聖書の翻訳者たちが、ビブリア・ヘブライカの《ヘブル語本文》を見、欄外にあるその《注釈》を読み、そこに書かれている『示唆』あるいは『指示』にしたがって翻訳作業を進める時、どういうことが起きるのでしょうか?
 その注釈に書かれているのは、実際は、
  • 【編集者たちの推測
  • 【諸資料】です。
【編集者たちの推測は、キッテルら自身の思想や信念を反映するものとなるはずです。
【諸資料】とは、オリゲネスを初めとする異端者・異教徒らの文書、西洋・東洋の諸文書、改ざん聖書本文等」でした。

ビブリア・ヘブライカ構成


 「ビブリア・ヘブライカ」に基づいて翻訳作業を行う聖書の翻訳者たちは、これらのものを"拠り所"として「神のことば」を翻訳しています。


 ビブリア・ヘブライカとそれに基づく日本語旧約聖書の流れを図示すると、こうなります。


ビブリア・ヘブライカ構成
(詳細は→ 旧約聖書の改ざん参照)


さらに深い理解のために(英語)
The Ben Asher text in not the Ben Chayyim text. Watch out for the Kittel family
(キッテル親子の著作に関して…ユダヤ人クリスチャンの見解)

Biblica-Hebraica-Ancient-Manuscripts.pdf(ビブリア・ヘブライカと古代文書)
Biblical Hebraica and Ancient Manuscripts | Bible Questions and Answers(ビブリア・ヘブライカと古代文書)
The Kings Bible (マソラ本文とキッテルの本文)
Biblia Hebraica 第一版 第一部(ビブリア・ヘブライカ 第一版の第一部 オンライン)
さらに深く学ぶためのリンク集



聖書の歴史 目次 次へS4-6




ページの上へ↑
……


聖書シリーズ の本!
図解 日本語聖書の改ざん 図解 旧約聖書の改ざん 日本語聖書の改ざん箇所
シナイ写本とバチカン写本の偽造 シナイ写本の偽造 聖書の年代記述の驚異
創世記の真実 出エジプトの真実 ダニエルの七十週の預言

TR 新約聖書 の聖書!
TR読者
クリック
新約聖書
TR 新約聖書
TR読者の信仰
クリック
新約聖書 新約聖書 新約聖書
新約聖書 全三巻セット 新契約聖書セット 明治元訳新約聖書セット


本当の聖書の歴史概観 聖書改ざんの歴史概観 新約聖書の歴史 並列概観  シナイ写本の偽造プロセス

聖書の歴史 目次  聖書のホームページ 新約聖書 ラインナップ  




ページの上へ↑
……


エターナル・ライフ・ミニストリーズは、以下の団体とは一切関係ありません。(→異端カルトへの聖書的対処 参照)




聖書の歴史 目次 次へS4-6




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter