聖書の歴史G-2 聖書の歴史 目次 

日本語聖書の実態検証2

日本語聖書の『パートナーたち』



原文提供者翻訳聖書

 『聖書』と呼ばれるものは数多く存在しますが、最も重要なのは、「読みやすいかどうか」ということではなく、「どういう人々が翻訳しているか」ということでもなく、「どの底本(原本)を採用しているか」ということです。
 なぜなら、翻訳される聖書の最も重要な要素は、それより前の底本(原本)の段階で決定されるからです。
 この段階こそが、聖書の本質を決定的に左右します。
 ヘブル語やギリシャ語の原文の中身の決定権は、原文提供者にあるからです。

  1. 原文提供者…元となる原文(聖書本文)を決定し、提供する団体
  2. 翻訳聖書…提供された原文(聖書本文)から各国の言語に翻訳されて発行される聖書

 日本語聖書の原文提供者翻訳聖書について、見てみましょう。


《新改訳聖書》原文提供者翻訳聖書

 『聖書 新改訳2017』の「あとがき」に、こう記されています。
ビブリア・ヘブライカ
『聖書 新改訳2017』の翻訳改訂において、
  • 旧約はビブリア・ヘブライカの第四版(BHS)および第五版BHQ)、
  • 新約はネストレ-アーラントの校訂本第二八版
    ならびに聖書協会世界連盟UBS)第五版
に基づき訳業を進めた」
(『聖書 新改訳2017』  あとがき)

 この聖書の原文を提供しているのは、実質的に『聖書協会世界連盟』UBS)および『ドイツ聖書協会』です。
 (ネストレ-アーラント版本文は、実質的にUBS版本文と同じであり、編集者も同じです。E-5参照)
 したがって、こうなります。
  1. 原文提供者=『聖書協会世界連盟』UBS)および『ドイツ聖書協会』
  2. 翻訳聖書=『聖書 新改訳2017』

《共同訳聖書》原文提供者翻訳聖書

 《共同訳聖書》(《新共同訳・口語訳・文語訳》も同様)の場合を見てみましょう。
 『聖書協会 共同訳』(2018年)に関して、こう記されています。
ビブリア・ヘブライカ
「底本として、
  • 旧約(BHQ [=ビブリア・ヘブライカの第五版] )・
  • 新約(UBS第5版)・
  • 旧約続編(外典)(ゲッティンゲン版)
など、最新の校訂本をできる限り使用する」
(『聖書 聖書協会共同訳について』

 カトリック教会向けの『旧約続編』(外典)を除くと、こうなります。
(つまり、外典以外の聖書本文が、カトリックの教理にも差し支えのない中身とされていることになります!!

  1. 原文提供者=『聖書協会世界連盟』UBS)および『ドイツ聖書協会』
  2. 翻訳聖書=『聖書協会 共同訳』 (新共同訳・口語訳・文語訳も同様)



パートナー関係

 ここまでのことをまとめると、両者のパートナー関係はこうなります。

  1. 原文提供者=『聖書協会世界連盟』UBS)および『ドイツ聖書協会』
  2. 翻訳聖書=『聖書 新改訳2017』『聖書協会 共同訳』

 『聖書協会世界連盟』UBS)および『ドイツ聖書協会』が、原文(底本)であるビブリア・ヘブライカUBS聖書本文》の著作権あるいは版権を所有しています。
 こうして、これら二種類の日本語聖書(《新改訳聖書》《共同訳聖書》《新共同訳・口語訳・文語訳》は、上記の団体から原文(聖書本文)を提供され、それから日本語に翻訳されて発行されています。
 これらの日本語聖書は、原文提供者との協力関係に基づく共同作業の産物と言えます。
 つまり、両者がそのようなきずなで結ばれていることがわかります。

《原文提供者》
『聖書協会世界連盟』UBS)・『ドイツ聖書協会』
ビブリア・ヘブライカUBS聖書本文》
ビブリア・ヘブライカ
:
パートナー関係
:
《翻訳聖書》
「新改訳聖書」「共同訳・新共同訳・口語訳・文語訳聖書」



 次に、二種類の日本語聖書のパートナーである原文提供者が、どのような団体であるかを見てみましょう。

『聖書協会世界連盟』UBS)とは?

 UBSについては、次のことが知られています。(E8-8参照)
  1. 設立当初からユニテリアン派の影響を大きく受けている。
     彼らは聖書の三位一体の神(父、御子、聖霊)を否定し、キリストの神性否定し、私たちの主が神であり人であられたこと激しく否定します。
     彼らはまた、聖書の無謬性否定し、キリストによる身代わりのあがないなども否定します。
  2. カトリック
  3. 要職に枢機卿が就任するなどローマ・カトリックとの関わりが深い。
  4. その人の私的な信条どういうものであれ』『教派や教理相違に関係なく』という姿勢をもってエキュメニカル運動を推し進めている。(F6-9参照)



UBS総裁マイケル・ラムゼイとは?

 この『聖書協会世界連盟』UBS)の総裁であったマイケル・ラムゼイ(1904年〜1988年)は、イギリス国教会のカンタベリー大主教でもありました。
 彼は、WCC(世界教会協議会。『エキュメニカル運動』の推進団体)の委員の一人でもありました。
 彼はどういう思想・信念を持っていたでしょうか?
 彼はこう言いました。
マイケル・ラムゼイ 天国クリスチャンだけのための場所ではない。
 私は、そこで、現代の多くの無神論者たちと会うことを期待している


(『デイリー・メール誌』1961年2月10日 ロンドン)注1

 これは、キリストを信じなくても救われる」「他宗教の信者も無神論者も天国に行けるという言明です。
 このような主張をする人は、真のクリスチャンでは決してあり得ません。
 このような人物がこの『聖書協会世界連盟』UBS)のトップの地位に就いていたのです!!

 日本語の翻訳聖書である「新改訳聖書」「共同訳・新共同訳・口語訳・文語訳聖書」は、このような人物が総裁であるUBSと、パートナー関係』を保ち、強い『きずなを持ってきたのです!!

 1966年、マイケル・ラムゼイはイギリス国教会の聖職者たちとともにローマ法王のもとを訪れ、法王の指輪に口づけしました。注2
 翌年の1967年、マイケル・ラムゼイはアメリカを訪れ、ローマ法王との会見に言及して、こう言いました。

法王と私は、あのサン・ピエトロ大聖堂で腕を組んで歩き、そこで、私たちは身をかがめ、教会を統一するという働きに献身することを表明しました。
マイケル・ラムゼイ + カトリック
 私たちがイギリス国教会カトリック教会だけを統一していこうという意味ではなく、すべてのキリスト教界および世界のすべての教会統一していこうという意味でした。
 それらを統一するということの意味は、私たちが数々の教派の間に外交上の承認を確立していくということだけではなく、私たちがそれらすべての教会一つの教会へと統一させていくということでした。
 それこそが、今日の私たちの前にある働きです。
 すなわち、キリスト教界すべて、聖なるカトリック教会へと統一することです」注3



『ドイツ聖書協会』とは?

 『ドイツ聖書協会』は、ビブリア・ヘブライカ等の版権を所有しています。
 それは、こういうものです。
    ビブリア・ヘブライカは、
  • 神聖で立派な旧約聖書本文ではありませんでした。
  • それはオリゲネスらの『異端』の教えで満ち満ちたものでした。(F6-4F6-5等参照)
  • それは【編集者たちの推測(キッテルら自身の思想や信念を反映するもの)と【諸資料】(「オリゲネスを初めとする異端者・異教徒の文書、西洋・東洋の諸文書、改ざん聖書本文等」)に忠実なものでした。
ドイツ聖書協会ビブリア・ヘブライカ構成

 これを作り出したルドルフ・キッテルは、こういう人物でした。
    ルドルフ・キッテルは、
  • 敬虔なクリスチャンではありませんでした。
  • 彼は熱烈な反ユダヤ主義者ユダヤ人排斥者)でした。
    (『ユダヤ百科事典』 Encyclopaedia Judaica)
  • 彼はユダヤ人を軽蔑しました。
  • 彼はキリスト教を拒絶しました。
  • 彼はイエス・キリストの教えを否定しました。
  • 彼は旧約聖書の霊感を否定しました。
  • 彼は新約聖書も旧約聖書も否定しました。
  • 彼は古代ギリシャの諸宗教を熱心に信じる者」でした!
  • 彼は異端者たちを受容した異端者でした。




 以上のことからわかるのは、二種類の日本語聖書の主要な『パートナー』が、『聖書協会世界連盟』UBS)・カトリック教会『ドイツ聖書協会』の三団体であること、そして各団体が、それぞれ独自の《思想・信念》を持っていることです。
 これらのことがらをまとめてみましょう。
『パートナー関係』を図示すると、こうなります。

《図1B》二種類の日本語聖書のパートナーたち(〜2008年8月迄)
きずな1


 次に、パートナーたち《思想・信念》を含めて表示すると、こうなります。

《図1A》二種類の日本語聖書のパートナーたち《思想・信念》(〜2008年8月迄)
《原文提供者》
ビブリア・ヘブライカUBS聖書本文》
ビブリア・ヘブライカ
マイケル・ラムゼイ   カトリック  ドイツ聖書協会
キリストを信じなくても救われる」「他宗教の信者も無神論者も天国に行ける
三位一体否定」 「キリストの神性否定」 「あがない否定
エキュメニカル運動全教会カトリック教会に統一
オリゲネスらの異端の教え」 「ユダヤ人排斥主義」 「キリストの教えを否定
聖書の無謬性否定」「聖書の霊感を否定
:
パートナー関係
:
《翻訳聖書》





パートナー関係から生じる『きずな』

 『パートナー関係』に関して図示すると、こうなります。

《図1B》原文提供者と翻訳聖書の『パートナー関係』(〜2008年8月迄)
きずな1

 フランク・ハモンド師は長年にわたって解放の働きに携わった奉仕者であり、悪霊を追い出す方法等の著者でもあります。
 彼は、著書たましいのきずなの中で、こう述べています。

悪い友とのきずな
 『惑わされていてはいけません。悪い交際が、良い習慣を腐敗させているのです
(第一コリント15・33)

 人は自分の友によって影響を受けやすいものです。ですから、正しく聖い友を選ぶことが大切なのです。
 悪い友との『たましいのきずな』は、あなたにわなを仕掛けることになり、あなたは悪に巻き込まれるようになります。
 『曲がった道には、とげわながある。
 自分のたましいを守る者は、それらから遠ざかる。…
 怒りの持ち主と交わってはならない。激怒の者といっしょに行ってはならない。
 あなたが彼の道に慣れて、あなたのたましいにとってのわなにかかることになるといけないから
(箴言22・5、24、25)

フランク・ハモンド著
たましいのきずな…人間関係に働く悪霊


…………………………
注1The United Bible Societies and Rome(UBSとローマ)
注2) Don Stanton, Mystery Babylon, Secunderabad: Maranatha Revival Crusade, April 1981
注3) Ecumenicalism under the Spotlight, Challenge Press, pp. 22-23(M.L. Moser, Jr.氏による引用)



次へ G-3 新たなパートナー:モルモン教!!
歴史G 日本語聖書の実態検証
1 日本語聖書の系譜
2 日本語聖書の『パートナーたち』
3 新たなパートナー:モルモン教!!
4 フィルターをかけられた"日本語聖書"
聖書の歴史 目次 G-1234


ページの上へ↑
……

新約聖書 改ざんゼロ本当の『聖書』!!
新約聖書
TR日本語訳
新契約聖書セット  明治元訳新約聖書セット 新契約聖書
明治元訳 新約聖書
イエス・キリストによって認証されたマソラ本文TR本文
《アラビア半島でのイエス様の顕現
イエス・キリストはKJ版聖書
手に持っておられた!

旧約聖書の真の本文…マソラ本文
七十人訳聖書…想像の産物
《『だまし物』の七十人訳聖書
七十人訳聖書の人為的加工矛盾
さらに深く学ぶためのリンク集
聖書のホームページ
聖書シリーズの本
聖書の歴史 目次
カ タ ロ グ一覧
エターナル・ライフ・ミニストリーズ





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter