聖書の歴史E-2 聖書の歴史 目次 

神に認証された聖書



神に認証された本当の聖書

 神が人間にお与えになった『本当の聖書』は、歴史的系譜から明らかであるだけでなく、神の認証によって確かなものとされました。
  1994年2月19日、アラビア半島の某国の某都市にある学校の教室で、イエス・キリスト10歳のイスラム教徒の子どもたち21人同時に現れてくださいました。(この顕現とリバイバルに関する詳細は→『クリスチャンへの警告 第18集』参照)
 その時、神の御子イエス・キリストは聖書を手に持って彼らに現れてくださいました。
 二人の生徒の証言は次の通りです。(他の生徒たちの証言は→イエス様が確証された本当の聖書参照)

M.サルマン(タンザニア・ダルエスサラーム出身)の証言
『私が決して忘れることのない日』
 1994年2月19日は、私の人生で最もすばらしい日でした。
 朝、私が祈っていると、すぐ上の空に一人の紳士が見えました。
 私はショックを受けましたが、彼が地上に近づくと、彼が三人になるのが見えました。
 私は、どの人が本当のその人なのか、わかりませんでした。
 彼は教室の窓から入られました。
 私は気を失いそうになりましたが、この人には何か違うものがありました。
 彼は私を見た時、微笑んでおられました。
 それから彼はどんどん近くに来られました。初めは、私はとてもおびえていましたが、この時は、私の心臓の鼓動はあまり速くはありませんでした。
 私の心は幸せで満ちていました。
 彼が歩いておられると、同じことが起きました。
 彼は三人になって、また一人になり、また三人になり、また一人になったのです。
 次に、彼が片手に非常に古い一冊の本を持っておられるのが見えました。
 その本には、『H.B.キング・ジェームズ』 と書かれていました。



S.ファラー(タンザニア・ダルエスサラーム出身)の証言
『私が決して忘れない日』
 2月の間、私たちのクラスは祈りをしていました。断食の時でした。その日は19日でした。
 私たちは、黒雲を見ました。 
 窓からぱっとが入って来て、壁にぶつかりました。
 その雲から、一人の男の人が現れました。その人は、天井に触れるほど背が高い人でした。
 彼のはカールしていました。髪の色は褐色でした。
 彼の片方の肩に、緑色の布切れがありました。
 彼は白いカンデュラ(イスラム教国で着用される長服)を着ていました。  彼は片方の手に一冊の古い本を持っていました。
 その本には革製のカバーがあり、そのカバーの縁は金で、『H.B.』 とあり、その上に、ある王の名前もありました。


 この学校を訪れたアメリカ人女性伝道者のクリスティン・ダーグ(『クリスチャンへの警告 第17集』参照)は、こう述べています。


 「彼は金縁『古い本』を持っておられました。
 生徒たちは、その本が、『H.B.』 とエンボス加工(浮き彫り)されているのを見ました。
 それは、"Holy Bible" (聖書)を表しています。
 イエス様は、まさにそのみことばであり、みことばはなのです。

 とてもすばらしいのは、このイスラム教徒の複数の少年たちが、イエス様がキング・ジェームズ版の聖書を持っておられることに気付いたことです!
 このイスラム教徒の子どもたちが、さまざまな翻訳聖書に関する神学的論議について知っていた可能性があるとは、ありそうにないことです。
 この顕現は、キング・ジェームズ版の聖書が、"天国の選びの聖書"であると考える人々に信任を与えています


 キング・ジェームズ版の聖書は、どういうものでしょうか?

 キング・ジェームズ版の聖書旧約聖書は、ヘブル語のマソラ本文(ヤコブ・ベン・ハイーム編纂)から翻訳されており(→D3-3)、新約聖書は、ギリシャ語のTR本文から翻訳されています。

 つまり、イエス様が手に持っておられた"天国の選びの聖書"は、
  • マソラ本文から翻訳された旧約聖書と、
  • TR本文から翻訳された新約聖書です。
イエス様認証された本当の聖書


+

 このアラビア半島におけるイエス様の顕現は、 マソラ本文から翻訳された旧約聖書と、TR本文から翻訳された新約聖書こそが本当の聖書であることを認証しています。
(詳細は『クリスチャンへの警告 第18集』参照)


神の認証意味すること

 このことは以下のことを意味します。
    旧約聖書に関して》
  • キング・ジェームズ版聖書』の旧約聖書の基となっているヤコブ・ベン・ハイーム編纂のマソラ本文が、神が歴史を通じて保持してこられた旧約聖書本文であり、神のみこころかなった旧約聖書本文であること、
  • 旧約マソラ本文 
  • そのマソラ本文からキング・ジェームズ版聖書の旧約聖書を翻訳したことが、神のみこころかなったことであったこと、です。

  • 新約聖書に関して》
  • キング・ジェームズ版聖書』の新約聖書の基となっているTR本文が、神が歴史を通じて保持してこられた新約聖書本文であり、神のみこころかなった新約聖書本文であること、
  • 1516年に新約聖書本文TRを集大成させたエラスムスをはじめ、TR編纂者たちの行いが神のみこころかなったことであったこと。
    エラスムスバチカン写本の『読み方』を退けたことが正しかったこと、

  • エラスムス
    エラスムス
    新約TR本文
    ルター
    ルター
    ルター聖書
    ティンダル
    ティンダル
    ティンダル聖書
  • TR本文に基づいて聖書を翻訳したルターティンダルたちの行いが、神のみこころかなったたことであったこと、
  • そのTR本文からキング・ジェームズ版の新約聖書を翻訳したことが、神のみこころかなったことであったこと、です。

  • 旧約・新約聖書に関して》
  • 神はご自分のみことばである聖書を、歴史を通じて保持してこられ、その約束を果たしてこられたこと、

  • 1604年にイギリスでジョン・レイノルズ博士がジェームズ王に提案し、すべての国民が理解し、読み、そして愛することのできる翻訳聖書を作るべきであると告げ、約千人の聖職者たちジェームズ王に一通の請願書を送り(後に『千人請願』と呼ばれる)、そうして1611年にキング・ジェームズ版聖書を誕生させたことが、神のみこころかなったことであったこと、
  • 旧約マソラ本文新約TR本文
  • このマソラ本文に基づく旧約聖書TR本文に基づく新約聖書こそ、
    • 神のみこころかなった聖書であること、
    • 神が歴史を通じて保持してこられた本当の聖書、神の真のみことばであること、です。

 神の御子なるイエス・キリストご自身が、そのことを認証し、確証してくださったのです


次へ E-3


ページの上へ↑
……


聖書の歴史U WH本文に由来する"聖書"
  1. 改ざん聖書のルーツ本質
    現代の新約聖書のルーツは、19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者が作った新約聖書本文です。
    降霊術者らが作った"聖書"

  2. 福音派・保守派の人々はだまされた!!
    真実隠蔽! それは聖書不信者・キリスト不信者向けの"聖書"でした。
    聖書を信じる人々、キリストを信じる多くの聖徒たちだまされてきました
    リベラル派ユニテリアン向け"聖書"

  3. 超重要聖句が読めなくされた"聖書"
    このみことばを一度も読んだことがない人が多いはずですが、これは超重要聖句神のことばです!
    聖書信者読めない重要聖書箇所
    1ヨハネ5・7 保持する聖書消された"聖書"

  4. 改ざん聖書の最終目的地 !!
    改ざん聖書は、どこに向かっているのでしょうか?
    現代の新約聖書の歴史 _三段階の流れ
    "一つの世界宗教"のための "一つの世界聖書"


日本語"聖書"WH本文》 WH本文を土台とする日本語"聖書"
福音派・保守派の人々はだまされた!!

 19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者ウェストコットホートが、WH本文と呼ばれる新約聖書本文を作りました。
 そして、この二人が主導する1871年〜1881年の『聖書改訂委員会』により、このWH本文を土台とする最初の英語聖書RV(Revised VersionまたはERV)が作られました。
リベラル派向けWHリベラル派向けRV
 英語聖書RVを初め、19世紀後半以降に登場した現代の数々の新約聖書日本語聖書も)は、このWH本文を土台として作られています。

 WH本文に由来するおもな日本語新約聖書は以下の通りです。(→新約聖書と本文現代の新約聖書の歴史 _三段階の流れ参照)
(1881年〜)
  • 『大正改訳 新約聖書』(1917年〜)(WH聖書本文、ネストレ版本文)
  • 『口語訳聖書』(新約 1954年〜)(ネストレ版本文)
  • 『新改訳聖書』(新約 1970年〜)(ネストレ版本文)
  • (1975年〜)
  • 『共同訳聖書』(新約 1978年〜)(UBS版本文)
  • 『新共同訳聖書』(新約 1987年〜)(UBS版本文)
  • (2008年〜)
  • 『新改訳2017』(新約 2017 年〜)(ネストレ版本文・UBS版本文)
  • 『聖書協会共同訳』(新約 2018年〜)(UBS版本文)




TR新約聖書
新約聖書ラインナップ
新契約聖書
明治元訳 新約聖書
推奨シナイ写本の偽造
TR聖書と非TR聖書の訳例比較
新約聖書の本文 TRについて
旧約聖書の真の本文…マソラ本文
聖書シリーズの本
刊行物一覧
聖書のホームページ
天国地獄情報
エターナル・ライフ・ミニストリーズ


利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter