聖書の歴史 D-6 聖書の歴史 目次 

異端アリウス派エウセビウス

フロイド・N・ジョーンズ博士

アリウス友人であったエウセビウス
 紀元325年、アリウス派の異端を押さえ込み、また決着を付けるべく、ニケア会議が招集されました。
 アリウスは、イエスは肉において来られた神ではないと信じていました。
 すなわち、イエスは一人の被造物にすぎないと信じていたのです。
 アリウスにとって、イエスは一人の人間以上の存在ではあっても、決して神ではなかったのです。
 初代教会の歴史を記した「偉大な歴史家」とされているエウセビウスも、アリウス派でした。すなわち、宗教心はあっても新しく生まれ変わってはいない一人の人間であり、また、アリウス友人でもありました。
 コンスタンティヌスエウセビウスは、この会議の正統派の主教たちから大きな圧力を受けて、主なるイエス・キリストの神性に関し、「より懐柔的な見解」を取りました。
 彼らは、もはやアリウス派ではなくなりましたが、それを完全に否定しようともしなかったのです。
 しかし、イエス様に関してそうすることは、決してできません。
 人は、キリストの神性について、「懐柔的な見解」を取ることはできません。
 その人が本当にクリスチャンであるか否かについての根本的な問いは、「あなたにとって、イエス様はどういうお方か?」ということです。
 もし、だれかが、「イエス様は、肉において来られた神であられる」、「彼は、人類の罪のための血のあがないをするために、世界の人々の罪のために死なれて三日目に死人たちの中からよみがえられた」と信じていないなら、その人はクリスチャンではありません。
 それが、「クリスチャン」についての聖書的な定義です。
 「クリスチャン」とは、単に水のバプテスマを受けたことのある人、堅信礼を受けたことのある人、あるいは、教会員名簿に名前が載っている人のことではありません。

50冊の聖書に関わる人々
オリゲネス
  • 広範囲に旅をし、どこでもギリシャ語の新約聖書を見つけると、それを自分の教理にぴったり合うように改ざんした。
  • 新プラトン主義の創始者から教えを受けた。
  • イエスは一人の被造物にすぎないと信じた。
  • 前世からの生まれ変わり』を信じた。
  • 「洗礼による生まれ変わり」(人は水のバプテスマによって救われるという信念)を信じた。
  • 「人は罪のない者となるために、煉獄(れんごく)に行かなければならない」と信じた。
エウセビウス
  • アリウス派
  • アリウスの友人
  • イエスは肉において来られた神ではない
    と信じていた
  • オリゲネスこそ最も偉大な人物」と考えた
ローマ皇帝コンスタンティヌス
  • ローマの神秘カルトの高位の祭司
  • 妻と息子をも殺害
  • 太陽崇拝者たちの高位の祭司
  • 貨幣にアポロ(ニムロデ)像刻印
  • 異教の魔法を信奉
  • 追放されたアリウス復帰を許可
コンスタンティヌス二世
 彼が任命した主教たち
  • アリウス派


 アリウスは追放されましたが、二年後、コンスタンティヌスが彼の復帰を許可しました。
 アリウスと同じように、コンスタンティヌスとエウセビウスも、「イエス様と父なる神は本質的に一つである」という教えを遵守してはいませんでした。

● アリウス派であったローマ・カトリック教会の主教たち
 コンスタンティヌスはローマ帝国の皇帝であっただけでなく、実質的に、ローマ・カトリック教会の教皇でもありました。
 そのような者として、彼には、教会内のすべての主教や大主教たちを任命する義務と権威がありました。
 人間的な見地からすると、教会組織ローマ政府の権威の下に完全に入っていたのです。
 彼の息子であるコンスタンティヌス二世は、皇帝となった時にその権力を引き継ぎました。彼も、父親と同様に、アリウス派でした。
 また、彼によって任命されたすべての主教も、教理はアリウス派でした。注1
…………………………………
注1)E.H.Broadbent,"The Pilgrim Church",pp.21-22


《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  

さらに深い理解のために(英語)
フロイド・ノレン・ジョーンズ博士の著書
→ "Which Version Is The Bible?"(2010年版) p.102~[PDF]

聖書に関わるサタンの策略などについて(David Blunt)
Which Bible Version:Does it Really Matter?




次へD-7
聖書の歴史 目次  D-1 2 3 4  5 6 8 9 10 11 12

バーガー現代版聖書
オリゲネス聖書
バーガー下

……
聖書の歴史 概観表  さらに深く学ぶためのリンク集  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ