聖書の歴史 B-1 聖書の歴史 目次 

《使徒ヨハネから、弟子ポリュカルポスへ》

フロイド・N・ジョーンズ博士

使徒ヨハネ
 使徒ヨハネは長生きしたため、紀元100年ごろまで、聖書の本物の本文と正典について、使徒として証言することが可能でした。
 ヨハネは、それまで追放されていたパトモス島から戻ると、彼の福音書と手紙と黙示録とをもって正典を完成させました。
 そうして彼は、ほかの伝道者たちの書と合わせて、それらすべてを使徒的権威をもって認可したのです。注1

ポリュカルポスとガイウス
 ポリュカルポス(紀元69年〜155年)は使徒ヨハネの弟子でした。
 ポリュカルポスが、少なくともヨハネの書いた原本を持っていたことは、大いにありそうなことです。
 また彼は、それ以外の新約聖書の原本に非常に近いものをいくつか、彼の師であるヨハネから得ていたはずです。
 さらに、ポリュカルポスが亡くなった時(紀元155年)には、彼はそれらを持っていたはずです。
 こうして、175年から200年ごろ、ガイウス(二世紀の終わり近くに文筆活動をした「教父」)も、それらのものに接していたにちがいありません。
………………………
注1)Eusebius,"Ecclesiastic History",Vol.1,Bk3,ch.24


《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  

さらに深い理解のために(英語)
フロイド・ノレン・ジョーンズ博士の著書
→ "Which Version Is The Bible?"(2010年版) p.173~,148~[PDFファイル]


手書きの新約聖書原本/原文
手書きの原本(新約:紀元50年〜95年頃)
  • 「原本/原文」=マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、パウロ、ヤコブ、ペテロらが聖霊の霊感によりギリシャ語で手書きしたもの。
後にTRとして集大成される本文
   
  
  
矢印

本文が書き写された数多くの写本
  • 「本文」=最初の聖書記者たちが書き記した原文通りのギリシャ語の語句・文字配列・「読み方」
  • 「写本」=各書物の原文を、多くのクリスチャンたちがパピルス紙などに書き写した巻物や断片など。
世界最古の写本…マグダレン写本(紀元 66年 TRと合致)
古ラテン語聖書(150年頃 TRと合致)
古シリア語聖書(150年頃 TRと合致)
ディアテッサロン(153年〜172年頃 TRと合致)
ワルドー派の聖書TRと合致)
教父たちによる引用
聖句集(400年頃〜 100%TRと合致)
後にTRとして集大成される本文
  
 
  
矢印

新約聖書のギリシャ語本文TR集大成
  • 「TR」=99%以上の写本と合致する新約聖書本文。
    1516年、エラスムスにより世界で初めて集大成された。
TR編纂者たち:エラスムス(1516,22年),ステファヌス(1550年),
ベザ( 1598年),エルセビル兄弟(1624,1633年),F.H.A.スクリブナー博士(1881年)
(エラスムスは『バチカン写本』排除
新約TR本文



聖書の歴史   次へB-2


ページの上へ↑
……

本当の聖書の歴史概観  聖書の歴史 目次  聖書のホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ