聖書の歴史 B-1 聖書の歴史 目次 

《 使徒ヨハネから、弟子ポリュカルポスへ》

フロイド・N・ジョーンズ博士

使徒ヨハネ
(1)手書きの新約聖書原本/原文
「原本/原文」=マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、パウロ、ヤコブ、ペテロらがギリシャ語で手書きしたもの。
巻物


 使徒ヨハネは長生きしたため、紀元100年ごろまで、聖書の本物の本文と正典について、使徒として証言することが可能でした。
 ヨハネは、それまで追放されていたパトモス島から戻ると、彼の福音書と手紙と黙示録とをもって正典を完成させました。
 そうして彼は、ほかの伝道者たちの書と合わせて、それらすべてを使徒的権威をもって認可したのです。注1

ポリュカルポスとガイウス
 ポリュカルポス(紀元69年〜155年)は使徒ヨハネの弟子でした。
 ポリュカルポスが、少なくともヨハネの書いた原本を持っていたことは、大いにありそうなことです。
 また彼は、それ以外の新約聖書の原本に非常に近いものをいくつか、彼の師であるヨハネから得ていたはずです。
 さらに、ポリュカルポスが亡くなった時(紀元155年)には、彼はそれらを持っていたはずです。
 こうして、175年から200年ごろ、ガイウス(二世紀の終わり近くに文筆活動をした「教父」)も、それらのものに接していたにちがいありません。
………………………
注1)Eusebius,"Ecclesiastic History",Vol.1,Bk3,ch.24


《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  

さらに深い理解のために(英語)
フロイド・ノレン・ジョーンズ博士の著書
→ "Which Version Is The Bible?"(2010年版) p.173~,148~[PDFファイル]



聖書の歴史   次へB-2

TR聖書

……

聖書の歴史 目次   聖書のホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter