偽造写本から"ねつ造"された現代版『新約聖書』V3 聖書の歴史 目次   

19世紀偽造者が書いたもの』読ませられている人々

現代版『新約聖書』読むとは?
PDF

 これまでの内容を復習すると、こうなります。
  1. シナイ写本確実偽造物です!V1
    それは19世紀産物であり、シナイ写本の中の『新約聖書』のほぼすべては、コンスタンティン・シモニデス(1820年〜1890年)によって書かれました。
    (ただし、シモニデス氏は、偽造する目的で書いたのではなく、ロシア皇帝への献呈品として善意模写したにすぎません。彼はだまされたのです

  2. バチカン写本確実偽造物です!V2
    同じ一人の筆記者(偽造犯罪者)が19世紀シナイ写本マルコの福音書の終わりの箇所を含む数ページを書き、バチカン写本の中の『新約聖書』も書きました。(この偽造犯罪者は仲間の者たちと共謀し、人々をだます目的で書きました)
 シナイ写本バチカン写本『新約聖書』二人の著者を図示すると、こうなります。

 19世紀の人物であるこの二人が、現代版『新約聖書』の土台となっている二写本実際に書いたのです。

 裏返して言えば、現代版『新約聖書』読者は、ほぼ実質的に、19世紀この二人が書いたもの』読んで(読ませられて)います!
 詳しく見ていくことにしましょう。


WH本文の構成要素

 現代版の『新約聖書』は、シナイ写本バチカン写本土台として作られています。
 ただし、この二写本から、まず、WH本文(ウェストコットとホートの本文)と呼ばれる新約聖書本文が1881年に作られました(二人はイエス・キリストの神性否定し、聖書の霊感否定する降霊術者でした)
 そのWH本文を土台としてネストレ-アーラント版/UBS版聖書本文が作られ、さらに、それらから現代版『新約聖書』が作られています。

 その編集者のメッツガーはこう述べています。
(彼もイエス・キリストの神性否定し、聖書の霊感否定する人でした)
UBSギリシャ語新約聖書本文を作成した国際委員会は、ウェストコットとホートの本文WH本文)をその土台の本文として採用した

 同じく編集者のアーラントはこう述べています。
(彼もイエス・キリストの神性否定し、聖書の霊感否定する人でした)
 「ネストレ-アーラント版聖書本文第26版(1979年)と、UBS版聖書本文第3版(1975年)は、土台となる同じ本文を共用した

 つまり、『ネストレ-アーラント版聖書本文』と『UBS版聖書本文』が共用した土台となる同じ本文とは、WH本文(ウェストコットとホートの本文)です。

WH聖書本文
WH


ネストレ-アーラント版/
UBS版聖書本文
ubsbible


現代版『新約聖書』



聖書 新改訳2017 聖書協会 共同訳
 このWH本文とシナイ写本バチカン写本の関係について、フロイド・N・ジョーンズ博士はこう述べています。

WH聖書本文90パーセントは、一語一語がそのままバチカン写本からのものであり、残りの10パーセントのうち、7パーセントシナイ写本からのものです」

 同様のことは、他の聖書学者たちも証言しています。
バチカン写本の中のページが欠けている場合、ホート(WH本文作成者の一人)はシナイ写本を使いました。
 ウェストコットとホートの本文(WH本文)は、実質的に、すべてバチカン写本なのです」

 このように、WH聖書本文の中身の「90パーセント実質的に、すべて」がバチカン写本です。
  • バチカン写本そのものが大きく改ざんされています。→歴史Q10 Q11 Q13 Q14参照。
  • 付加要素は、ウェストコットとホートによる、彼らの望む通りの削除付加歪曲であり、これらすべては、いわば、ウィルスです!

 この比重を考慮するなら、現代版『新約聖書』の中身を、おおむね次のように図示することができます。


 また、すでにV2で見てきた通り、一人の筆記者偽造者)が、バチカン写本の中の『新約聖書』を書きました。
 したがって、次のように図示することができます。

 したがって、次のことが明らかになります。
  1. WH聖書本文の中身は、その90パーセント実質的に、すべてが、バチカン写本であり、19世紀偽造者が書いたものです。
    言い換えれば、彼こそがWH聖書本文の、ほぼ実質的著者です!

  2. WH聖書本文中身
    ≒『19世紀偽造者が書いたもの
    ほぼ実質的著者

  3. それゆえ、そのWH聖書本文土台として作られたネストレ-アーラントNA)版/UBS版聖書本文の中身も、おおむねバチカン写本であり、19世紀偽造者が書いたものです。

  4. それゆえ、それらの本文から作られた現代版『新約聖書』の中身も、おおむねバチカン写本であり、19世紀偽造者が書いたものです!
    言い換えれば、彼こそが、現代版『新約聖書』の、ほぼ実質的著者です!

現代版『新約聖書』の中身
≒『19世紀偽造者が書いたもの

聖書 新改訳2017 聖書協会 共同訳
ほぼ実質的著者


 日本語現代版『新約聖書』とその本文(底本)は、こうです。

日本語現代版『新約聖書』と本文
  • 『大正改訳 新約聖書』(1917年〜)WH聖書本文、ネストレ版本文)
  • 『口語訳聖書』(新約 1954年〜)ネストレ版本文)
  • 『新改訳聖書』(新約 1970年〜)ネストレ版本文)
  • 『共同訳聖書』(新約 1978年〜)UBS版本文)
  • 『新共同訳聖書』(新約 1987年〜)UBS版本文)
  • 聖書 新改訳2017(新約 2017 年〜)ネストレ版本文・UBS版本文)
  • 聖書協会 共同訳(新約 2018年〜)UBS版本文)
  • 聖書 新改訳2017 聖書協会 共同訳

 したがって、非常に重大な事実が明らかになります。
  1. これらの日本語現代版『新約聖書』の中身も、おおむねバチカン写本であり、19世紀偽造者が書いたもの』です!
    言い換えれば、彼こそが、これらの日本語現代版『新約聖書』の、ほぼ実質的著者です!

  2. 日本語現代版『新約聖書』中身
    ≒『19世紀偽造者が書いたもの

    • 『大正改訳 新約聖書』(1917年〜)WH聖書本文、ネストレ版本文)
    • 『口語訳聖書』(新約 1954年〜)ネストレ版本文)
    • 『新改訳聖書』(新約 1970年〜)ネストレ版本文)
    • 『共同訳聖書』(新約 1978年〜)UBS版本文)
    • 『新共同訳聖書』(新約 1987年〜)UBS版本文)
    • 聖書 新改訳2017(新約 2017 年〜)ネストレ版本文・UBS版本文)
    • 聖書協会 共同訳(新約 2018年〜)UBS版本文)
    • 聖書 新改訳2017 聖書協会 共同訳
    ほぼ実質的著者


  3. これらの日本語現代版『新約聖書』読者は、ほぼ実質的に、この19世紀偽造者が書いたもの』読んで(読ませられて)いるのです!




V2  V3  次へW1   聖書の歴史



聖書の歴史 TR新約聖書 読者レビュー 聖書のホームページ

新約聖書改ざんの歴史概観
偽造物『シナイ写本』(1862年)
偽造物『バチカン写本』(1481年〜)
バチカン写本シナイ写本
『バチカン写本』最終書き換え: 19世紀
マイ枢機卿
マイ枢機卿および彼の仲間の偽造者たち
矢印
改ざん聖書本文WH(1881年)


ページの上へ↑
……





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter