聖書の歴史 W1-3 TR新約聖書 読者レビュー 聖書のホームページ    カート
W 信仰破壊システム 1全くちがう二種類の聖書3

真の福音信仰者たちの聖書的対応

 前のページで、WH・UBS・NA本文の編集者たちの考えや信念を見ました。
 それは、真の福音信仰者たちにとっては完全に正反対の内容であり、全く受け入れることができないものです。
 真の聖徒たちであるなら、聖書に書かれている以下のことをわきまえて、それに忠実に従っているはずです。
アメリカ人福音派読者

1キリスト不信者たちの「教え」に対する聖徒たちの対処

 パリサイ人たちとサドカイ人たちも、上記の編集者と同じくキリスト不信者たちでした。
 イエス様は彼らに関してこう言われました。

パリサイ人たちとサドカイ人たちパン種注意し、気を付けていなさい(マタイ16・6)

 そのパン種とは、彼らの教えのことでした。
「彼らは、彼が…パリサイ人たちとサドカイ人たち教え気を付けているようにと言われたことを悟った」(マタイ16・12)

 なぜ、彼らの「教え」は危険なのでしょうか?
 聖書はこう教えています。

「あなたがたは立派に走っていましただれがあなたがたを、真理に聞き従わないようにとどめたのですか?
 …わずかのパン種が、粉のかたまり全体を発酵させるのです」(ガラテヤ5・7〜9)

 すなわち、「わずかのパン種が粉のかたまり全体を発酵させる」ように、 キリスト不信者たちのわずかの悪い教え聖徒たち悪影響を及ぼし、真理に聞き従わないようにとどめてしまうからです。
 ガラテヤの教会には、すでに、その「わずかのパン種」による犠牲者たちが存在していたのです。
 キリスト不信者たちの「教え」は、最終的には聖徒たちの信仰を破壊しまう危険なパン種なのです。
 聖書は、はっきりとこう教えています。

「わずかのパン種が、かたまり全体を発酵させることを知らないのですか?
 ですから、その古いパン種除いて清めなさい
…私たちは…パン種の入っていない、純真と真実とのパンで祭りをしようではありませんか」(第一コリント5・6〜8)

 聖徒たちにとって非常に重要なのは、キリスト不信者たちのわずかの「教え」でも「除いて清める」ことです!
 それは、聖徒たちが「純真と真実とのパン」で神に受け入れられる健全な信仰生活を維持するためです。


2キリスト不信者たちに対する聖徒たちの対処

 聖徒たちは、このキリスト不信者たちに対しては、どう対処すればよいのでしょうか?
アメリカ人福音派読者
 主なるイエス・キリストはその答えをはっきり語られました。

 それから弟子たちがそばに来て、彼に言った。
パリサイ人たちがみことばを聞いてつまずいたのを、ご存じですか?」
 彼は答えて言われた。
「天の私の父がお植えにならなかった植物はみな、根ごと引き抜かれるようになります。
 あなたがたは彼らを放っておきなさい。
 彼らは、盲人たちを導く盲目の道案内人たちです。
 盲人が盲人を道案内していれば、二人とも穴の中に落ちて行くようになります」
(マタイ15・12〜14)

 聖徒たちは彼らを放っておくべきです。
 すなわち、彼らとのどんな霊的関わりからも離れているべきです。
 さらに、聖書はこう言っています。

「あなたがたは不信者たち不釣り合いのくびきいっしょに付けてはいけません
 なぜなら、不法とに何の共有があるでしょう?
 と何の交わりがあるでしょう?…
 あるいは、信者不信者といっしょに何の分け前があるでしょう?…
 それゆえ、あなたがたは彼らの真ん中から出て行き、分離しなさい、と主が言われる。
 また、汚れたものに触れてはならない。
 そうすれば私はあなたがたを受け入れ、…」
(第二コリント6・14〜18)

 真の聖徒たちは、「ちがう教え」をもたらす者たちから離れていなさいと命じられています。

「もし、だれかが、ちがう教えをしていて、私たちの主なるイエス・キリストの健全なことばと、敬虔にかなった教え同意しないなら
4 彼は高慢にされており、何もわかってなく、かえって、論争や、ことばの争いの病気にかかっているのです。
 それらの中から、ねたみ、争い、悪口、邪推が生じており、
5 知性がすっかり腐敗していて、真理を奪い取られてしまっていて、敬虔を利得手段とみなしている人たちの、はずれた論争が生じているのです。
 あなたは、そのような人たちから離れていなさい(第一テモテ6・3〜5 TR 新約聖書

 この語句は、『ちがう教えをしていて、私たちの主なるイエス・キリストの健全なことばと、敬虔にかなった教え同意しない』人々が非常に嫌うことばであるはずです。
(実際、『新改訳 2017』『聖書協会 新共同訳』では、この箇所は、大いに改ざんされています。→改ざん者自身当てはまること削除参照)
 けれども、偽りを教える者たちから離れているべきことは、テモテに対してだけでなく、すべての真の福音信仰者に対しての命令です。

 一方、WH/UBS/NA本文の編集者たちが聖書本文に対して行っている行為は、どういうものでしょうか?
 それは、日本語聖書の改ざん箇所から明らかなように、聖書本文の中に「パン種」を混入させる行為です。(詳細は同書を参照)
 そして、この編集者たち自身も、
  • ちがう教えをしていて、
  • 私たちの主なるイエス・キリストの健全なことばと、敬虔にかなった教え同意しない」(第一テモテ6・3)人々です。
 ですから、この第一テモテ6・3〜5の言明は、まさにWH/UBS/NA本文の編集者たちにぴったり当てはまるのです!
 彼らの思想・信念は、こうでした。
WH/UBS/NA本文の編集者たち
編集者たち
編集者たち
  • 彼らは、聖書の教え全面的に従ってはなく、それよりも自分たちの教えに従う人々です。
    (彼らは、自分たちの教えに適合するように聖書を"編集"(改ざん)しています)

  • 彼らは、イエス・キリスト神(の御子)信じて従ってはいません。
    (彼らはイエス・キリスト神性否定し、神の三位一体否定しています)

  • 彼らは、イエス・キリストによるあがない否定し、イエス・キリストを自らのまた救い主として受け入れて従ってはいません。

 したがって、彼らが、「あなたは、そのような人たちから離れていなさい」(第一テモテ6・5 )という使徒パウロ命令を読者に読ませたくないのは、当然のことなのです。
 真の聖徒たちは、このような改ざん者たちから「離れていなさい」と命じられているのです。

 WH/UBS/NA本文の編集者たちは、何をしてきたのでしょうか?
 彼らは本当の聖書の中に「ちがう教え」を混入させ、読者が真理に聞き従わないようにとどめてきたのです!

囲い2
囲い2

まとめると…

  1. 聖徒たちはキリスト不信者たちの「教え」や"学問的成果"に注意し、警戒しなければなりません
    それを受け入れることは非常に危険であり、最終的には聖徒たちの健全な信仰破壊させることになります。
    非常に重要なのは、キリスト不信者たちのわずかの「教え」でも「除いて清めることです!
    それは、聖徒たちが、悪いパン種の入っていない「新しいかたまりでいるため」、「純真と真実とのパン」で神に受け入れられる健全な信仰生活をおくるためです。
  2. 聖徒たちは、彼らを放っておくべきであり、彼らとのどんな霊的関わりからも離れているべきです。
    聖徒たちは、不信者たち不釣り合いのくびきいっしょに付けるべきではありません。
  3. 聖徒たちはキリスト不信者たちの用意した聖書本文を使う必要は何もなく、使うべきでもありません。
    それらはキリスト不信者たちにとって必要なのです。
    聖徒たちがそれを使うことは、最終的には聖徒たちの信仰破壊に至らせます。


(参考)そもそもキリスト不信者たちは、神が摂理をもって聖書を保持してこられたことを信じていないため、聖書に対するアプローチの仕方そのものが聖書の教えから逸脱しています。キリスト不信者たちは、聖書を「霊感された神のことば」ではなく「普通の古代書と同じ本にすぎない」とみなし、イエス・キリストを「神(の御子)」ではなく「一人の人間にすぎない」とみなしています。
真の聖徒たちは、そういう不信者たちとの関わりを断つべきです。
(詳細は→歴史A神が保持された聖書 歴史CX1〜7神の摂理TR

 



 それにもかかわらず、キリスト不信者たちWH・UBS・NA本文を受け入れ、それに基づく聖書を好む人々がいます。
 次に、そういう人々を大きく五つに分けて見ることにします。
WHubsbible
キリスト不信者たち作成の聖書本文



W12  3  次へ4   聖書の歴史


日本語聖書改ざん箇所一覧

NEW の本!
日本語聖書の改ざん箇所
日本語聖書の改ざん箇所
全101箇所事例
HPで紹介されていない事例も解説

ページの上へ↑
……





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter