聖書の歴史 目次 神の摂理TR  聖書のホームページ 

TRとは?(2)

ウィルバー.N.ピッカリング博士

(ウィルバー・N・ピッカリング博士は新約聖書の本文批評学者であり、"The Identity of the New Testament Text"等の著者)
 
 キング・ジェームズ版聖書の新約聖書、ウイリアム・ティンダルの聖書、ルターのドイツ語聖書、オリベト会のフランス語聖書、ジュネーブ聖書(英語)は、プロテスタント宗教改革の多くの自国語版の聖書とともに、1550年のステファヌスのギリシャ語本文から翻訳されました。
 この本文は(1624年のエルセビルの本文とともに)、ギリシャ語の聖書本文Textus Receptus(テクストゥス・レセプトゥス)、すなわち、受け入れられた本文[Received Text,TR]と呼ばれています。
 これこそが、伝統的本文[Traditional Text,TT]であり、ギリシャ正教により何世紀にもわたって読まれ、保持されてきた本文です。
 この本文から生まれたのが、ペシッタ(シリア語訳)聖書、イタリック聖書、ケルト教会聖書、ゴール人(フランス)聖書、ゴシック聖書、中世の福音的なワルドー派およびアルビ派の聖書、そして中世にローマによる抑圧を受けた数々の聖書です。無情にも、多くのコピーが探し出されて滅ぼされてきましたが、この伝統的本文は、全能者によって保持されてきたのです。

《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  


TRとは?(1) [フロイド・ノレン・ジョーンズ博士]  新約聖書の本文TRについて

日本語"聖書"とWH本文》 WH本文を土台とする日本語"聖書"
福音派・保守派の人々はだまされてきた!!

 19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者ウェストコットホートが、WH本文と呼ばれる新約聖書本文を作りました。
 このWH本文は、
  • 悪霊・悪魔と交流するこの二人が新たに創り出した改ざん聖書本文であり、
  • TR新約聖書本文から第一ヨハネ5・7等の非常に重要な箇所を消し去った改変本文でした。…

 そして、この二人が主導する1871年〜1881年の『聖書改訂委員会』により、このWH本文を土台とする最初の英語聖書RVRevised VersionまたはERV)が作られました。
リベラル派向けWHリベラル派向けRV

 福音派・正統派のクリスチャンは、こう受け留めたのです。

  • あの『聖書改訂委員会』には、F.H.A.スクリブナー博士サミュエル・ウィルバーフォース司教のような福音派・保守派の人々も参加しているし、ケンブリッジ大学の教授たちや神学博士聖職者たちも参加しているのだから、彼らの長年の話し合い合議によって、より優れた、より良い"聖書"が作られたにちがいない。

  • 福音派・保守派の人々も参加して出来上がった聖書なのだから、当然、我々福音派・保守派向けの"聖書"にちがいない。
  • それは、イギリス国教会が当初から彼らに委託していた通りの、KJ版聖書『小さな』変更だけを行って作られた、KJ版聖書『改訂版』にちがいない。
  • 今後は、我々福音派・保守派は、KJ版聖書『改訂版』であるRV聖書やWH本文に基づく聖書を採用すべきだ。
福音派


 ウェストコットとホートらは自分たちの正体隠したままイギリス国教会から委託を受けた『聖書改訂委員会』という名目の下で新たな"聖書"を登場させることに成功しました。
 福音派・保守派の多くの人々はだまされてきたのです

 すなわち、本当は、このWH本文が、悪霊・悪魔との交流者たちが創り出した、改ざんされた聖書本文であることです!!

 19世紀後半以降に登場した現代の数々の日本語新約聖書、このWH本文を土台として作られています。新約聖書と本文参照)

ウェストコットホート作成の
WH本文に基づく日本語聖書
  • 『大正改訳聖書』(1917年~)
  • 『口語訳聖書』(1954年~)
  • 『新改訳聖書』(1970年~)
  • 『共同訳聖書』(1978年~)
  • 『新共同訳聖書』(1987年~)
  • 『新改訳2017』(2017 年~)
  • 『聖書協会共同訳』(2018年~)

 これらの"聖書"の土台となっているのは、19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者ウェストコットホートが作り出した、WH本文です。

 神がご自分の聖書編集させるために、悪魔悪霊交流する人々を用いることなど、あり得ません!!
 エターナル・ライフ・ミニストリーズは、聖書とキリストを全面的に信じる聖徒の皆様には()、悪魔悪霊に関わる人々が作り出した改ざん聖書ではなく、本当の聖書イエス・キリストが認証された真の聖書を読むことを、断然おすすめします!!

19世紀後半以降に登場した数々の"聖書"は、降霊術ユニテリアン主義リベラル主義だけでなく、フリーメーソン(20世紀)モルモン教(21世紀)とも関わりがあります)

  1. 降霊術:亡霊・悪霊・悪魔との交流
  2. ユニテリアン主義リベラル主義
    • イエス・キリスト神性否定する。
      イエス・キリストを神(の御子)とは信じない
      三位一体否定し、
      イエス・キリストのあがない(聖書の教える意味での)否定する。
    • 聖書霊感否定する。
      聖書を聖霊による真の神のことばとは信じない
  3. フリーメーソン(20世紀):
    MASONRY PROVEN CONCLUSIVELY TO BE WORSHIP OF LUCIFER, SATAN!
  4. モルモン教(21世紀):モルモン教も加わった聖書新たなパートナー:モルモン教



聖書の歴史U WH本文に由来する"聖書"
  1. 改ざん聖書のルーツ本質
    降霊術者らが作った"聖書"

  2. 福音派・保守派の人々はだまされてきた!!
    リベラル派ユニテリアン向け"聖書"

  3. 超重要聖句が読めなくされた"聖書"
    1ヨハネ5・7 保持する聖書消された"聖書"

  4. 改ざん聖書の最終目的地 !!
    "一つの世界宗教"のための "一つの世界聖書"

  1. 《『読まなければよかったのにと思う
  2. リベラル主義聖書の教え
  3. ルシファーについての聖書の教えと啓示




ページの上へ↑
……

TR新約聖書
新約聖書ラインナップ
新契約聖書
明治元訳 新約聖書
推奨シナイ写本の偽造
TR聖書と非TR聖書の訳例比較
新約聖書の本文 TRについて
旧約聖書の真の本文…マソラ本文
聖書シリーズの本
刊行物一覧
聖書のホームページ
天国地獄情報
エターナル・ライフ・ミニストリーズ


利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ